メニュー

ホーム > 近江米の炊き方

違いが分かる!? 近江米の炊き方

おいしい近江米を食べるためには、ご飯の炊き方もとっても大事!
知ってるようでよく知らない?おいしいご飯の炊き方をご紹介!
違いがわかる!?近江米の炊き方、ぜひ試してみてください!

(1) 軽量は正確に!
計量カップやマスを使用する場合は、必ず「すり切り」をして計量しましょう。一度かるくゆすってお米を平らにし、お箸などを使ってすり切ると正確な量が計れます。
(2) 洗米はすばやく!最初が大事!
はじめは水を一気に注ぎ、軽くかき混ぜ、すばやく水を切ります。このときヌカの溶けた水をお米に吸収させないよう「すばやく水を切る」のがコツです。水が透き通る程度(2~3回)やさしく洗米して下さい。力を入れすぎるとお米が傷ついたり、うまみ・風味が失われる原因に。最近は精米技術が向上している為、昔のように力を入れてこするように洗う必要はありません。
(3) たっぷり時間をかけて浸水!
お米の芯までじゅうぶんに水を浸透させるため、必ず浸漬(浸水)をして下さい。季節により水温や気温に差があるため、夏は30分、冬は1時間、春・秋は40分~50分が目安です。たっぷりと水を浸透させることで、ふっくらとした炊き上がりに!時間が無い時は、ぬるま湯で炊くと吸水が早くなりおいしく炊けます。
(4) お米を平らにして炊飯!
炊きムラのないおいしいごはんにするため、加熱する前は必ずお米の表面を平らにして下さい。 ごはんが炊き上ったら約15分間蒸らします。現在の炊飯器の多くは蒸らし機能がついているので、時間がない場合は、すぐにふたを開けても大丈夫です。
(5) 保温の前にふっくらほぐす!
ごはんをつぶさないよう注意しながら、しゃもじでふっくらとほぐします。ほぐすことで、ごはんの余分な水分をとばし、炊飯器の中のおいしさのムラを均一にします。すぐに食べずに保温する場合も、必ずほぐして下さい。蒸気がこもりごはんが水っぽくなるのを防ぎます。